城陽市国際交流協会 HOMEサイトマップ
HOME姉妹都市慶山市 | バンクーバー市
概要
会員ボランティア募集
イベント参加者募集
広告募集
姉妹都市
年間事業計画
活動報告
にほんごきょうしつ「夢気球」
外国籍市民ネットワーク
リンク
交通・アクセス
お問い合わせ
資料
ホーム
姉妹都市 アメリカ バンクーバー市
 
【アメリカ バンクーバー市】姉妹都市盟約調印:1995年10月30日
バンクーバー市はアメリカ合衆国本土の最北西ワシントン州にあり、緑と水源の豊かな自然環境に恵まれ、古くから文化の発達した地域であることから史跡・文化財などが多く、また近隣の大都市オレゴン州ポートランド市のベッドタウンとしての機能も果たしています。
日本との関わりでは、1834年11月に日本人として初めてアメリカ大陸に嵐のために音吉、久吉、岩吉が漂流し、バンクーバー砦で数ヶ月過ごしました。
1848年6月27日アメリカ捕鯨船からアメリカ人として初めて日本に密入国し、最初の本格的英語の教授を行ったラナルド・マクドナルド(Ranald MacDonald)はバンクーバー砦の経営会社ハドソン・ベイ・カンパニーの幹部を父にチヌーク族長の末娘を母に持ち幼少時代をバンクーバー砦で過ごしました。
アメリカ バンクーバー市
バンクーバー市 マップ ディスカバリー・ウォーク・フェスティバル
子ども文化パレード
姉妹都市バンクーバー市を彩る国際的イベントとして毎年4月に3日間開催されます。年齢や国籍を問わず誰でも参加可能。
歩き、マラソン、水泳、自転車等できれいな街並みや雄大なコロンビア川沿いの風景を楽しめます。  
 ディスカバリー・
 ウォーク・フェスティバル
子ども文化パレード

 
バンクーバー市政150周年
Vancouver's 150th Birthday


 


バンクーバー市政150周年

姉妹都市バンクーバーは、2007年に市政150周年を迎えました。バンクーバー市が誕生した1857年には約250人だった人口も2007年には15.5万人にまで増加しました。
バンクーバー市誕生までの歴史 <History of Vancouver>
1792年 アメリカの貿易商ロバート・グレイが先住民以外で初めてコロンビア川に到着。英国のジョージ・バンクーバー率いる探検隊隊員ウィリアム・ブロートンが河口から160キロ余りを遡り、上陸地点をバンクーバーと名づける。
1806年 アメリカの探検家ルイス&クラークが同地の川岸に滞在。
1825年 Dr.マクラフリンはハドソンズ湾貿易会社の北西部指令部を河口のアストリアからこの地へ移る。ブロートンの地図をもとにバンクーバー砦と名付ける。
1846年 バンクーバー砦は長年にわたり太平洋岸北西地区の中心となり、イギリス領オレゴンを統括。北緯49度までその統治を拡げたアメリカ合衆国の一部となる。
1849年 アメリカの軍隊が到着しコロンビア駐屯地(後にバンクーバーと改める)を設立し、太平洋岸北西地区の司令部となる。隣接する居住区はコロンビア市と名付けられる。
1857年

バンクーバー市が組織される。  


オフィサーズ・ロウ グラント・ハウス
オフィサーズ・ロウ グラント・ハウス
バンクーバー砦
バンクーバー砦



イルチーのブロンズ像

イルチーのブロンズ像
Vancouver in United States
Vancouver
in the United States
アーバリッジ退職者施設
アーバリッジ退職者施設
インターステイト・ブリッジ
インターステイト・ブリッジ
ファーステンバーグコミュニティーセンター
ファーステンバーグ
コミュニティーセンター

姉妹都市バンクーバー絵画交流
姉妹都市バンクーバー絵画交流
姉妹都市バンクーバー絵画交流
姉妹都市バンクーバー絵画交流
姉妹都市バンクーバー絵画交流
姉妹都市バンクーバー絵画交流
姉妹都市バンクーバー絵画交流
バンクーバーに城陽の子どもたちの絵画が展示されています。





              クラーク・カレッジのウェブサイトへ




活動報告のページへ

クラーク・カレッジの桜並木
   クラーク・カレッジの桜並木
生涯学習プログラム
 生涯学習プログラム「インターネット」
日本語コース
     日本語コースの学生と
         




姉妹都市アメリカ・バンクーバー市の市民有志のボランティアにより、開拓時代から現在に至るまでの歴史を刺繍で描いたタペストリーが製作されました。タペストリーには世界各国の言葉で挨拶が書かれており、バンクーバー市の歴史を語るだけではなく、バンクーバー市と世界をつなぐ作品となっています。

米国フォート・バンクーバー・タペストリー・プロジェクトのウェブサイトへ


タペストリー タペストリー タペストリー

タペストリー タペストリー

2007年10月にタペストリーが来城。城陽市歴史民俗資料館で展示されました。
また、「バンクーバー砦・タペストリー講演会」を開催。手工芸の保存、コミュニティーアート、歴史を表したデザイン、長きにわたるプロジェクトの運営や目的について話していただきました。

                                    ▲2007年度 活動報告

バンクーバー砦・タペストリーは、高さ28インチ(71cm)で長さが異なる70枚のパネルをつなぎ合わせたもので、全体の長さは108フィート(33m)になります。麻100%の布に毛糸と金属繊維の糸で刺繍されています。
Eleanor Van de Water(エリナー・バン・デ・ウォーター)氏[1932-2005]、Sherry Mowatt(シェリー・モウワット)氏の2名のファイバー・アーティストがデザインし、55名の刺繍家と22名のボランティアによって、6年以上、延べ10万時間の刺繍作業により完成しました。この事業は2001年にワシントン州ルイス&クラーク遺産プロジェクトに指定されました。

※この作業には2004年度の当協会主催「バンクーバー交流の旅」に参加した方をはじめ、12名の城陽市民も参加しています。




  城陽市国際交流協会
〒610-0121 京都府城陽市寺田西ノ口7-4 西邦ビル2階
Tel:0774-57-0713 Fax:0774-57-0714
E-mail:inquiry@jiea.jp
開館日:月〜金、9時〜17時(土・日・祝日、年末年始は休館)
Copyright (C)2007 城陽市国際交流協会.all right reserved.